日本における医師の転職事情

a1180_012678

日本における医師の転職について書いています。

現在の日本では生涯同じ企業で働き続けるということにこだわる人はあまり多くなく、また企業としても20年、30年以上存続する企業はさほど多いとは言えません。ゆえに転職ということが当たり前になってきていますが、一般的な転職のイメージとしては「会社が潰れそう・あるいは潰れたから転職する」「自分のキャリアアップのために転職をする」といったものかもしれません。医師の転職というのは一般の仕事と比べると少し事情が違っていて、医療業界は常に医師不足の状態が続いています。これは社会問題化しており、近年では日本人医師ににこだわらず、海外の医師が日本で働けるようになるような環境作りが進むなど、深刻化しています。
こんな背景から医師が人の足りない病院へと移っていくということはよくあります。都内の医局はどうしても医師が集中してしまいますが、そのために地方に医師が集まらないといった状況が続きました。地方に医師が集まらないことを解消するために近年医療研修制度が改正され、都内の医局等を介さなくても自身で地方の医局に就職したり転職したりできるようになりました。
医師の地域格差は依然大きく、医師として働ける舞台も近年では多様化しています。医療機関は大きな病院からクリニック、診療所など様々なものがあり、産業医やメディカルドクターなど一般企業での活躍の場も広がっています。

転職の際には医師免許所有が何より重要で、採用選考の面接などはほとんど二次的なものといっても良いです。医療現場においては素晴らしい経歴を持っていても面接でしっかり受け答えできなければその人柄がマイナスに評価されて不採用になることもあります。医師は患者や他の医師と接触する機会が非常に多い仕事です。信頼できる人でなければ一緒に仕事をしていくことも難しいでしょう。求人を出す医療機関は独自の方針や論理があり、需要と供給のバランスが求めるタイミングによって市場は流動化しています。これらの流れや事情を踏まえた転職をしないと採用されないケースもよくあるのです。

医師転職サイトには医療の採用市場を熟知したプロのコンサルタントがいます。医師本人よりもその点については詳しく知っていることもあり、蓄積されたノウハウを生かして医師が希望する求人案件を交渉してきてくれます。まずは登録をしてコンサルタントに相談してみることから始めてもいいかもしれません。それで信頼できる業者だと判断できれば実際にコンサルタントに任せて、医師本人は普段の業務と並行して転職活動をしていきましょう。

ドクターの求人を比較してみる